保険:ローン保険貯蓄の知恵

学資保険、子供保険は元本割れすることリスクがあることを知っておこう

0-77.jpg将来の資金として備えるのは老後よりも先に来るものがあります。

それは、子供にかかわる資金です。つまり子供がおさないうちから、備えておきたい教育資金です。

今の時代では、大学へ50%の進学をします。
しかし、国立でさえ、4年間で、学費だけでも250万円ぐらいは裕にかかかります。

私立大学であれば、文系で500万円近くなるでしょう。

2人私立大学にやったら1000万円のお金が出ていきます。

この金額は、とてもサラリーマンの今の平均家庭では耐えられる代物ではありません。

ですから、おさないうちから用意していくしかないのです。

2014年2月18日||トラックバック (0)

カテゴリー:保険

支払い金額が安い共済は本当に得?

サラリーマンの多くは、会社にやってくる生保レディーから進められて保険に入った。という人がこれまで多かったと思います。

自営業者とか、定年退職した人などは、県民共済などに代表される共済に入る人が結構いると思います。

共済は月々の掛け金が少ない共済は、収入の少ない人や安定収入のない自営業者、年金生活者にとって、魅力的な保険です。

貯蓄性がありませんが、何歳で入っても、掛け金は同じなので、サラリーマンでも、退職後に入ったという人もけっこういるでしょう。

2013年11月13日||トラックバック (0)

カテゴリー:保険

保険見直し、入院保険だけは削らない方がいい

保険の見直しが、いろいろなところで家計の負担を減らす方法ということで、見直しをする人が増えていますね。

節約も長く続いていますから、生活費では削れる部分は少ないので、保険などでなんとか削ろうという意識が強まっていると思います。

一番月々の掛け金が減るのは、死亡保険保障の部分を見直しする方法でしょう。

死亡保障を定期タイプにするでけで、終身より、月数万円掛け金が減るはずです。

ただし、入院費用にかかわる保険は削らない方がいいと思います。

タグ

2013年1月28日||トラックバック (0)

カテゴリー:保険, カテゴリー:収入

国内大手の生命保険会社が、保険の販売を制限

なんと国内の大手の生命保険会社が、保険の販売を制限するという話がでてきました。

何故そんな話が出てきてのかというと・・・・銀行で売られることにょって、どんどん保険が売れてしまって、売れすぎがかえって、保険会社の財務状況のリスクになるらしいてのです。

ちょっと理解に苦しむ話ですが、定期金利が低いので、銀行で定期預金にするよりも、「一時払い終身保険」にして、貯蓄目的で購入する人が増えて、保険会社も不安になったということです。

いまだに、保険で貯蓄もしようと考えている人がいることに私は個人的には、「まちがっている」と思ってしまいますが・・・・まだまだそういう人も日本にはおおいのですね。

タグ

2012年2月13日||トラックバック (0)

カテゴリー:保険, カテゴリー:貯蓄

寿命が延びると必要なお金が増える

2009年も、男女ともに、平均寿命が伸び、女性は世界一、男性は4位という長寿社会の日本です。


これは、人間の進化とというよりも、医療の発達が寿命が延びるという原因の多くを占めているのではないかと思いす。


今迄ならば、直ぐに亡くなっていた病であっても治療方法ができて、延命が図れるようになったりしていることが大きく貢献しているのだと思いす。


がんでも早期発見ならば助かる確率が増えていますので、がん検診は怠らずにするのがいいでしょう。

問題は、長く生きるほど、お金が必要になってきます。病気の治療にも、高齢者であっても色々と負担が今後増えてきます。

タグ

2010年7月20日||トラックバック (0)

カテゴリー:保険

保険はどんなものが必要か考えてみた

保険も今は考えて入らないと、無駄に支出になってしまうので、よーく、検討すべきでしょう。

とくに最近は特に細分化してきていて、分かりにくいので、簡単には理解できないものもあります。

保険と言えば、その代名詞は、生命保険を指すほど、ほとんどそれで済んでいました。

家庭の大黒柱の万一の死亡に備えて、残された家族を支えるため。

そけれが、とても重要で、死亡保険金の額を出来るだけ大きくすることが重要に思えたものです。

でも、最近は医療が進んだことで、がんなどの疾病にかかっても、完治したり、何年も生き延びることもできるようになり、平均寿命も上がっています。

2008年4月 9日||トラックバック (0)

カテゴリー:保険