保険見直し、入院保険だけは削らない方がいい:ローン保険貯蓄の知恵

保険見直し、入院保険だけは削らない方がいい

保険の見直しが、いろいろなところで家計の負担を減らす方法ということで、見直しをする人が増えていますね。

節約も長く続いていますから、生活費では削れる部分は少ないので、保険などでなんとか削ろうという意識が強まっていると思います。

一番月々の掛け金が減るのは、死亡保険保障の部分を見直しする方法でしょう。

死亡保障を定期タイプにするでけで、終身より、月数万円掛け金が減るはずです。

ただし、入院費用にかかわる保険は削らない方がいいと思います。
病院経営が厳しいせいなのか、6人部屋をもつ病院が減ってきていて、差額を自由に付加できる、6人未満の病室が増えていて、入院したいときには、6人部屋が空いていないとか

順番待ちなんてことが当たり前のようにおきているので、入院費用がとても高くつくようになってきています。

皮質などしか空いていないなんて場合は、一日数万円なんてことも病院によってはありますからね。

保証としては、少なくとも日1万円ぐらいのものは用意しておかないと、心配です。

ただ、足りない部分は共済など、安いものでカバーするという事も検討するといいでしょう。

タグ

2013年1月28日||トラックバック (0)

カテゴリー:保険, カテゴリー:収入

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.swingbrocvintage.com/mtos425/mt-tb.cgi/45