太陽光発電にするべきか否か迷いどころ:ローン保険貯蓄の知恵

太陽光発電にするべきか否か迷いどころ

政府の太陽光発電の補助金、毎年予算が許す範囲で行われていますが、次の年もまたおこなわれるかどうかは分かりません。

もしかすると、次の年は、大幅に減るか、なくなるということも、いつあるかは分かりません。

ただ、太陽光パネルの価格も下がってくるわけで、その分を合わせると、そんな大佐は無いのかもしれませんが、

売電の価格もまた、少しつづ下がっていて、42円で全量買い取りで始まったものも、毎年これから下がっていくでしょうから、それも考え名けれどなりませんね。
もちろん、ある金額迄いったら、それ以上は下がらないでしょうし、数円ぐらいの下げでしたら大して変わらない気もしますが、一度決まった額は10年固定なので、トータルでは結構違ってきます。

だからといって、余裕もないのに、無理に今つけるべきだということも、いえない点があります。

現金で払えるぐらい余裕があればいいですが、リフォームローンなども組まなければならなくなるで金利の支払い分も結構なものになってきます。

まあ、比較検討、見積もりなどはしておいて、あとあと、あの時やった場合より安くなるならばと、将来の検討材料に使うということはしておいてもいいかとは思います。

タグ

2012年1月27日||トラックバック (0)

カテゴリー:ローン, カテゴリー:ローン

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.swingbrocvintage.com/mtos425/mt-tb.cgi/44