貯蓄:ローン保険貯蓄の知恵

国内大手の生命保険会社が、保険の販売を制限

なんと国内の大手の生命保険会社が、保険の販売を制限するという話がでてきました。

何故そんな話が出てきてのかというと・・・・銀行で売られることにょって、どんどん保険が売れてしまって、売れすぎがかえって、保険会社の財務状況のリスクになるらしいてのです。

ちょっと理解に苦しむ話ですが、定期金利が低いので、銀行で定期預金にするよりも、「一時払い終身保険」にして、貯蓄目的で購入する人が増えて、保険会社も不安になったということです。

いまだに、保険で貯蓄もしようと考えている人がいることに私は個人的には、「まちがっている」と思ってしまいますが・・・・まだまだそういう人も日本にはおおいのですね。

タグ

2012年2月13日||トラックバック (0)

カテゴリー:保険, カテゴリー:貯蓄

介護の費用は自身で対策しなければならない

後期高齢者保険制度や介護保険など、公的な対策に頼るだけでは、老後の介護は費用は賄えないことがすでにはっきりとわかっています。

介護保険で利用できる特養老人ホームなどは満杯ですし、それでも自己負担は月10万円くらいは当たり前ですから、保険の利用できない介護付き有料老人ホームなどに入る事になったら、月20万円ぐらいは出費も覚悟しなければならなくなります。

一部、有料老人ホームも介護保険の適用がされるものもできましたがまだ全然カス場足りていません。

自身の親を介護しなければならなくなったときの介護費用もそうですし、自分が年老いたときの介護費用の貯蓄も、子供たちに負担をかけられないのでしておかねばならないと考えれば、いったいいくら貯蓄しておかなければならないのかと、途方に暮れてしまいます。

2011年7月24日||トラックバック (0)

カテゴリー:貯蓄

資産運用は嫌でもやらないとし方がない

投資はとてもリスクが高く、グローバル化では世界的な突発し施行で大きなダメージを受けることもあり、安定した資産運用というものは簡単にはできません。

それでも、低金利、少子高齢化の日本では、年金も宛てにならないわけですし、自身で資産運用し増やす以外の手立てというものがほとんどありません。

どんなりリスクがあっても、資産運用で増やしていかない限り、老後の資金を作ることは、まずむりでしょう。

公務員や、大企業の社員でもない限り、生活費で手一杯の中そんなに給与だけで老後の資金がためられるとはおもえません。

2009年7月18日||トラックバック (0)

カテゴリー:貯蓄

投資と団塊世代の退職

退職後の資産運用に、リスクのある投資を避ける人が多くなっているようです。

少し前までは、団塊世代むけの投資信託セミナーが凄い人気で、直ぐにいっぱいになったようですが、世界的な景気減速で、逆風が吹いたようです。

このところの全世界的な金融不安で、日本の投資信託への資金の流れが少なくなってしまって、投資信託の資金規模も増えるものは少なく、解約などで人気の無いものから減っているようです。

日本では、年金の不安、後期高齢者医療保険など、老いるほど生活費に対する不安が増えるので、少しでも老後資金を増やしたいという思いがありますが、

運用が難しい経済情勢になりば、リスクをなるべく避けたいという方向にむかいます。

何しろ年金が増えることはないのですが、ガソリンの値上がりを筆頭に、資源が高くなることで色々なものが値上がりし始めます。

健康保険支払いも増える、いずれ消費税もとなると、団塊世代の悩みも大きくなると思います。

退職金などの資金をどように賢く運用していくか、悩みがある有る場合は、専門家に悩み相談してみることがいいと思います。

2008年5月28日||トラックバック (0)

カテゴリー:貯蓄

資産運用の色々な選択肢

ネットを誰もが利用できるようになり、証券会社もオンライン化が進み、家に居ながら投資できるようになりましたね。

老後に備えて資産運用をしたい人にとっても、オンラインホームトレードがとても身近で便利になったことで、専業トレーダーでなくても、資産運用がいつでもできる気軽さがでてきました。

しかし、リスクもあり、失敗する人もたくさんいて、そう簡単に誰もが成功して、質ンを増やせるわけではありまぜん。

だからといって、今の現状から将来的に国の年金に頼れないという不安がありますので、貯蓄を殖やしていかなければならないという命題があります。

2008年5月21日||トラックバック (0)

カテゴリー:貯蓄