キャッシングもレンタルという考え方ができる:ローン保険貯蓄の知恵

キャッシングもレンタルという考え方ができる

今は何でもレンタルすることができるので、一時的にしか使わないものは、コストをかけずに借りて済ますこともでてきますね。

例えば、その季節だけしか使わないものや、赤ちゃんが産まれて数か月程度だけ使うものなど限定された期間だけ利用するものです。

期間限定のものは、使用しなくなったあとに場所を取って保存するのにも困りますし、捨てたり処分したりするにも費用がかかってしまう事もありますから、

レンタルするほうが得な場合が結構あるわけです。

ちょっとイメージが輪憎いかもしれませんが、お金も、それ自体にそんなに価値はなく、交換できる物と考えると、借りるということをレンタルとみることもできます。

ローンなどとても長期のレンタルという事になりますが、
つまり、利息という部分がレンタル料で、お金というものやサービスと交換するための道具を借りる、借りる期間が長い方が、当然レンタル料金が増えます。

またレンタルする目的が、使用が限定されるものより、使用方法が自由な場合の方が・・・つまり消費者金融のキャッシングとかフリーローンとかの方が、利用料金が高くなるという考え方ができますよね。

そう考えると、金利が高いキャッシングも、1ヶ月ぐらい借りる、レンタル賃だと考えると、結構納得も行くし、レンタルだから、ちゃんと返却期限にはきちんと返さないといけないという意識になるのではないてじょうか。

もちろん、安易にキャッシングする事を進めるわけではありません。

ただ欲しいものがあるから、むやみにキャッシングして買ったほうがいいというわけではありません、タイミング的に、給料日前に、と他禅の出費があったなど突発的なことのために、一時的に利用する、レンタルするという考えに徹すれば、そんなに怖いものでもんいでしょう。

じつは、キャッシングは、よりもっと平気で利用している人が多い、クレジットや、リボ払いなどよりも有利に使うことができます。

それは、30日間利息なしで借りられるなどのサービスがあるからです。

心理的に抵抗がある人がいますが、リボ払いだと選んだ時点で金利が発生するのに対して、キャッシングサービスの30日無利息ならば、40日借りても10日分の利息がつくだけです。

リボ払いで、3万円のものを買ったら、5000円の毎月の支払いになって、6ヶ月ぐらい利息が付くわけですから、結構な金利を支払う事になるわけですからね。

タグ

2013年11月13日||トラックバック (0)

カテゴリー:借りる

トラックバック(0)

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.swingbrocvintage.com/mtos425/mt-tb.cgi/47